2018年7月2日月曜日

やっちまった!!…(身近な風景)

         暑いねぇ

        
先週末、久々に友人と待ち合わせ。

二人してPCの買い替え時・・・もっともその友人は、息子さんの手作り。

今度も新しく作ってくれるか・・・作る『気』があるのかどうか未確認だそうで。

PC譲渡会場をひやかし半分(失礼なことですかなぁ)に覗いてみた。

σ( ̄、 ̄=)ンート・・・  どんなだろう・・

二人とも 会場内のずらりと並んだ譲渡PCを見て回る

( ̄。 ̄)ホーーォ (゚~゚)ふぅぅぅん

結局、譲渡価格とこちらの必要条件が合うPCがないので
サササとその会場を後にした。

それから家電型店のPC売り場へ。

週末でお天気がよかったので(海やBBQ行楽地へお出かけなんだろう)、
かえってお客がダントツに少なく、店員さんとPCについて長々とおしゃべりできた。

今日明日替え替える訳じゃないけれど、わたしは近々本気出して検討しなきゃ。
という段階に来ている。
今のPC、とりあえず不都合なく作業できているんだけれど、
小さな「??? 」があるPC。

マニアックの部類に入るんだろうか、PCのOS・ディスプレイ・キーボードあれこれエトセトラ
と売っているお店ものぞいてみた。
自分で好きな物だけ入れて作り上げる技量のある人向けのお店。

わたし自身が使うPCに必要なもの。
あれとこれとと組み合わせたら・・・・やっぱり駄目だ。
お値段的には安くなっても、PCの画面トラブルや操作のサポートがほしい。

というわけで、もうしばらく新機の購入は今回なし。
(ただ、余先延ばしできないという現実、)

そのあとね、「少し休もうか?お腹もすいたし、水分補給もしなきゃぁね」ということで
遅めの昼食をとることにした。

すぐ目の前に、いわゆる回転ずし屋があった。
「そこでいいね」と。

数年ぶりかも・・・ペッパーくんが「いらっしゃいませ」と。
テーブル席番号で案内したので、
「はい、どうも。ありがとう」と答えたら、友人は「えっ?」って顔するし、
支払いをしていたお客とその応対をしていた店員もやっぱり「えっ?」って
顔をして、そのすぐ後で(='m')くすくすっ♪

わたしね、これから先の時代は、ロボットが入ってくる生活が当たり前になるんだろうから、
ロボット相手に無機質な生活したくないじゃないの。 
話しかけれれたら返事するくらいの心積もりなきゃぁね。

まぁ、冗談半分の、おばばユーモアのつもりで席番号を案内したペッパー君に
「ありがとう」といったんだけれどね。

いや、ここまでは良かった。

お寿司の注文、オーダーパネルが常に首を上げないとボタン押せない位置にあって、
「首が痛いねぇ。首が疲れるねぇ。」とわたし。
「首に支障合ったけ?」と友人。
「うん、頸椎変形症。脊椎狭窄症」と答える。

注文の度に見上げなきゃならないオーダーパネル。
年寄りに優しくないよ。首が痛いじゃないの!! あくまでわたしのこと。

持病に一番よくない体勢を何度も繰り返してしまった!!
「いかん、いかん!!」と思い、友人にオーダーは任せたのだけれど
すでに遅しだったようで、
その日は別に身体のどこそこに違和感感じなかったけれど、
翌朝起きて、「腰が伸びません!!」

やっちまった!!


腰を伸ばすことができない!!

腰曲げ状態で一日を過ごす羽目になった。

変形頸椎によくない、「見上げる」体勢。
それに伴って普段ちっとも鍛えていない背筋が引っ張られ、
(コア体操、すっかりと遠ざかっている)
腰痛を起こしてしまった!!

湿布を貼って、腰椎ベルトをして、テルネリンを飲んで・・・

やっちまった!!やっちまった!!
もう二度と行かないぞ!!

見上げなきゃならないオーダーパネルのある店には。

今日も一日、腰曲り状態で過ごすわたし。




◎ ここで後日談を追加
   首を伸ばして見上げたオーダーパネル。
   もしかして、手元に移動できるんじゃないかって。
   似たようなオーダー形式のお店は「
   確かオーダーパネル手元までもってこれる」という。
   店員もそんなこといわなかったし、こっちも手元まで移動できるんじゃないかと
   いう発想は全くもって頭になかった。
   時々時代の流れに置いてきぼりに気付かずに過ごしているお年頃 なのです。

0 件のコメント: