2017年4月26日水曜日

夢の中で・・・(身近な風景)

昨日の話と前後する。


昨夜から今朝にかけて、久々に眠剤を服用しないで「眠られた」。
ホント、何年振りだろう、眠剤なしで眠られたのは。

 (昨日から今朝と言っても、今日現在ですでに数日経過している)

中途覚醒で朝まで輾転反側が嫌なので。
何時までも眠りに引き込まれないのが嫌なので。
眠くてたまらないのに、頭のどこか一か所がどうしても冴えてしまって
眠られないということが嫌なので。
「処方の眠剤・睡眠導入剤」を服用していた。

就寝前に服用しても、日によって「満足する睡眠」が得られるかというと
そうでもないというわたし。

それでも昨日は、とっても眠くて・・・そして何となく、
「眠剤服用しないで寝てみよう」と思った。
「中途覚醒して眠れなかったら、その時服用しよう」と。

眠れるのだろうかと多少の不安はあったけれど・・・
とりあえず、4時間一眠り。

一回目が覚め、「あっ!もうだめかな?」と思いつつ瞼は眠気で閉じたまま。
頭の中一か所覚め出したような気がするけれど・・・
眠気で思い瞼を開ける事もなく暫くじっとしていたら、再び眠りに落ちた。

そして夢を見た。

猫?
丸まっているものは猫?
いいえ、あれは「うさこ」。
夢の中で「うさこ」と認識。
猫じゃない!!うさこなの!!


お腹を出して、真っ白なお腹を出して
    ☝  これは2009.4.20

夢の中でそのやわらかな毛に被われたお腹を撫でる。
なんとも言えない手触り。
現実のよう・・・まだ手は「うさこ」の毛の手触りを忘れていなかった。

目覚めてからも、「うさこ」を撫でた手触りが手に残るっているのを感じた。
この日の朝の目覚めはちょっと「♪」。



何年ぶりだろう、「眠剤なし」で眠られたのは。

今夜も、今夜ももしかしてうまく眠れるかな、眠剤なしで。

 
という祈りもむなしく、翌日就寝の睡眠導入へは自力では無理だった。
    「ウトウト」はするのだけれど、
    ウトウトウツラウツラ・・・そして頭と体が『ハッ!!』と反応。


  

この夢を見た日、中一日置いて早朝に『猫』に出会ったのだ。
うさこに似た毛でおおわれた猫。
ナデナデできた。
現実にナデナデできた。

猫だからこうして撫でることができたんだろう。
いつぞや見た「夢か幻か」の道路沿いにたたずんでいた白ウサギ・・
捨てられたか逃げ出したのか不明・・・白ウサギ。
絶対にそばには来ないだろうし。

うさこ、 猫へんしぃ~ん!!



またきてね。まってるよ。


2017年4月25日火曜日

夜明けの猫・・・(身近な風景)

早朝散歩(ウォーキング)コースを変えて半月ほど。

今朝はお月様の姿見えず。
お月様は痩せ細って(?)しばらく目にすることができないかな。
昨日のお月様の上に瞬いていたひとつの星は確認できた。



画(え)をクリック拡大すると、
向かって右よりの中央あたりにポツンと光っているもの。
これは星。


今日の日中のお天気はいいらしい。
その割に、日の出の空のいろが淡いなぁ。
  
半月ほどテクテクしているウォーキングコース。
このコースでは『にゃん』には出会わない。

ところが今朝、『にゃぁん』という鳴き声が足元から聞こえた。

歩きを止めて見渡してみた。
いた♪いた♪ いたよ♪



猫だぁ~♪ にゃんこだぁ~♪

この猫も人懐っこい。 野良猫じゃなくて飼い猫だ。
もしかして・・・・このねこ? 似ているけれど、場所的にはちょっと距離がある。

まぁ、どの猫も、こうして傍に寄ってきてくれるのは大歓迎。


背伸びをしたり、足元へすり寄って一周してみたり。
撫でまわしてやった♪
軍手の上から甘噛みはするけれど、
爪を引っ掛けはするけれど・・・ 『猫パンチ』を繰り出すでもなく、
爪も攻撃的に本気で出すこともなかった。
「ニャン」とはここが違う。
こちらこちらを参照


ヒョイとブロック塀に飛び上がった猫。

高さが1m強。
幅が10cm余ほどだろうか。 

     「おみごと!!」

ジャンプ力と着地の足元の確かさに「やっぱり猫だ!!」と感心する。
ジャンプ・着地失敗する猫のネット動画を結構見ているから、
失敗する猫もほほえましいが、猫はやっぱりジャンプ・着地を決めてこそって。




以前のウォーキングコース、今朝あたり
この子も朝の散歩に出ていたかなぁ?

今朝のウォーキングの締めくくりの気分は上々だった。
猫をナデナンデできたし・・・・・

あれぇ???? あれれれれぇ???

正夢になったか?
一昨夜の夢・・・夢の中で猫じゃない、
これは「うさこだ!!」。猫だということを否定したのに。
猫だったのか?
「うさこ」の身代わりだったのかなぁ。


    話が前後するけれど、この「夢の話」はまた後で。


2017年4月24日月曜日

空・朝・月そして・・・(身近な風景)

ある日の空。
        7:12  すっきりとしない空と雲。

昨日の日の出直前の空。
青黒い雲が浮かんでいる空に星と月が輝いている。 4:29
     (月の上に瞬いていた星が雲に隠れてしまった)




今日の日の出頃の空。
前日と違って雲がない。
          4:16

日が昇り始め赤く染めだした空に星と月が輝いている。
      4:29

お月様もずいぶん細くなった


そして、

夜が完全に明け、朝日を浴びて
電線に止まったドバトが赤っぽい。
            

ある日の空


      これぞ快晴の空。  
三桁の国道路わきの桜の木はすっかり葉桜。

ある日の空。
             10:57

青い空にジェット雲をたなびかせ・・・・


一筋の雲を残して飛んで行った飛行機。
着陸しないで飛んでいく飛行機は高度が高い。
離着陸する飛行機は結構真上を飛んでいく。



2017年4月22日土曜日

うん?・・・(身近な風景)

昨日は朝一番に「予約診察」。

予約診察だったのだけれど・・・ひとつ診療k横目が増えて、処方薬追加。
まぁ、この追加処方薬に関してはまた後ほどということに。
ただし、忘れなければという条件あり。
    (覚え書・下書きでもしておこうか)

診察終えて帰りしなにスーパーで買い物。
いったん帰宅。
前日の午後に垣根の「カナメ」の剪定し、袋に入れておいた切り枝を処理場に運んだ。
どうせ運び込むならば、ほかのごみも一緒に・・・
合計積載量が最低料金¥60に納まった。

いいお天気・・・車の中は快適な気温。
再び帰宅ではもったいない。

何とはなしに車を走らせてみる。

とりあえず到着地を決める。

到着地を決めないと途中で飽きてしまって引き返すわたし。
ただただドライブだけを楽しむ性格でもないわたし。

運転なんて「人任せ」のほうがどんなにいいか!!
でも自由に小回り効かせるには、一人のほうが楽は楽だけれどね。

途中で引き返すこと、行き先変更すること、予定に無かった途中停車を
度々しても「遠慮」も「同意」を求めなくて自分自身の自由だから。

ほら、ずぅ~と前の「金沢観光」の時もSAを途中停車したことあるし。こちら

こういうのって、同行者が同じ興味持たないとなかなかできないからねぇ。

いつもと同じで余談が多すぎる  

まぁ、とにかくお天気に誘われて山手に向かって車を走らせた。

車前方・・・・山が見える。

尾根には白い筋。

車の進行方向の左右・・・・

      うん?  何か眼に入った・・・・
      
うん?  視界に入ったもの・・・・

決して珍しいものではないはずだけれど、何かが違う!!

うん?????

車を止めてみる・・・

振り返る・・・

うん、確かに「目についた」よなぁ、これじゃぁ。



鳥居にかかっているしめ縄が緑色。
しめ縄の素材 稲わら・麻がまだ『青さ』を残している緑と完全に違う!!

通りすがりでも目についいたわけだ!!
でもこの道、決して初めての道ではない。
頻繁に通ることはないけれど・・・数年に一度くらいかなぁ・・・今まで気が付かなかった。

今までのしめ縄が「うん?」と気を引くほどのものじゃなかったのかな?

柏手を打って一礼してきた。

結局、数年に一回通るかどうかの道だったので、
方向的に(途中の道路標識を見ながら)山手に向かって走ったのだけれど、
ナビを呼び出したってわけ。

結果的には記憶とナビの案内が一致はしていたのだけれど、
ナビ頼りの現代、道って覚えなくなったよねぇ。



山の桜は葉が出始めていたけれど、満開。
その桜の根元に

見上げた空はというと、
実際目にしているよりも画(え)はすっきりと写らなかった。

すっきりしない・・・・・わたしのここ最近の気分とおんなじだぁ。

   ついでに うん? を  もう一つ
      


幹の根元が腐ってしまって、倒れる寸前の樹。 
かろうじて生きている根っこと幹から「健気」にも「一生懸命」に「生きている証」で 
新芽をつけていた樹。
樹医でも植木専門知識がないから生かすこともできない。
可哀想だけれど倒れて他人に迷惑がかかると悪いのでと『倒す』ことにしたという。
「何の花ですか?」と聞いたラ「姫リンゴ・・・・だったと思う」という返事。
「ふぅ~ん。姫リンゴねぇ・・・」

地に植えてやることもできない我が家。
接ぎ木の知識もないしね。
せめてついていたつぼみがみんな開花するまで「我が家においで」と、
一枝もらってきた。


今年いっぱい、そして今回が最後と知らないだろうに。
それでも付けたつぼみが次々に開花している。